雑木林からのサプライズ

カブクワの観察記です。

5/28(日) ヒラタの確認

先週同様、昼間はチャリで遠出して来ましたが、
コクワの量が激減していました。
この1週間で、かなり採取されてしまった様です。

夜は近くのポイントへヒラタの確認へ。

IMG_0328s.jpg
先週と同じアングルでしか写真が撮れずに残念。
樹液が出ていないこの洞に何時まで留まるのか?
スポンサーサイト

5/21(日)夜の初陣

昼間行って来たポイントはチャリで30分以上かかるので
夜間に行くのが億劫なのですが、ここは10分位なので気楽に行けるのです。
但し、ポイント的には期待度の低い雑木林なので運任せ的な感じです。
IMG_0305s.jpg
日が暮れるまでに樹液の出ているクヌギを確認しますが
毎年出るクヌギは決まっている様です。
樹液場に近い場所でカップルが待ち合わせしていました。

IMG_0309s.jpg
このクヌギはまだ樹液が出て無く、カラカラの洞は
ゴキブリの住処になっていました。
懐中電灯を当てるとゴキブリが素早やく逃げる中、
動きの遅いヒラタのアゴが見え、カメラを向けるとUターンしてしまいました。

IMG_0312s.jpg
何とか奥に逃げ込まれる前に引き出すことに成功しました。
ここのポイントで観察出来たのは一昨年に続いて2頭目です。
昨年は観察出来なかったので、ここでは本当に貴重なヒラタだと思います。
正に、「雑木林からのサプライズ」です。
来週も会えるといいなあ。

5/21(日)放虫オオクワに遭遇

IMG_0264s.jpg
2本目のクヌギの洞を除くと巨大な大アゴが目に飛び込んできました。
何時かはこういう時が来ると思っていましたが、いざ遭遇してしまうと
なんだがとてもやりきれない気持ちになってしまいます。

IMG_0270s.jpg
通常は観察を目的にしているので採取はしませんが、
今回は保護という形を取らさせて頂きました。
ばあさんに、大事に育ててもらうことにしました。71mmです。

IMG_0280s.jpg
林の中は初夏の雪が積もっています。

IMG_0260s.jpg
マルバヤナギの柳絮(リョウジュ)
白い綿毛のついた柳の種子が風で飛ばされる現象だそうです。
樹液の出は良くない印象で、コクワがちらほら確認出来ます。

IMG_0244s.jpg
樹液を豊富に噴き出しすクヌギも出て来ました。
しかし、本日もヒラタは確認出来ず、コクワばかりでした。

5/7(日) 広大な森を散策

今回は何時もより少し足を延ばして広大な森へ散策に行って来ました。
情報収集している時と現地に到着した時のわくわく感はここち良いのですが
期待を大きく裏切られる結果になった場合の疲労感はとてつもないのです。
それでも、何日かすると次回はどこに行こうかと考え始めてしまうのです。
IMG_0200s.jpg
里山の風景を楽しみながら現地に到着
田んぼの奥に雑木林と何処も同じ様な風景なのですが
飽きることなく、暫く見入ってしまいます。
ただ、毎回迷うのが森への入口です。
田んぼは私有地なので勝手に入ることは出来ません。
道があったとしても私有地で「済みません」と謝ることも多々あります。

IMG_0222s.jpg
やっと見つけた森の入口で、そうそうに樹液が出ているコナラを発見

IMG_0218s.jpg
今の時期のオオスズメバチの女王は威嚇することなく
餌を豊富に蓄えるために無我夢中です。

IMG_021s7.jpg
その下にはコクワ。

IMG_0225s.jpg
森の中は暗く、ジャングルの様です。
やはり、ある程度人が入り伐採しないと日が差し込まないので
樹液を出しそうな木はありません。

IMG_0228s.jpg
今年はタケノコが不作と報道されていましたが、ここは結構ありました。
もちろん私有地で、「済みません」と謝ってから森を出ました。

5/4(木)地元のクヌギ

南風が強い中、ママチャリを一生懸命漕いで、
地元ポイントのクヌギを確認して来ました。
どのクヌギも樹液はまだ出ていない状況です。
IMG_0196s.jpg
樹皮を剝がされてしまったクヌギ

地元はこんな状態のクヌギがとても多いので
ヒラタクワガタを見つけるのは非常に困難なのです。
次のページ

FC2Ad