FC2ブログ

雑木林からのサプライズ

カブクワの観察記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶんぶんカナブン

7月9日
地元で過去にヒラタを採取したクヌギを中心に回って来た。
最初は57mmの大型を採取した洞であるがコクワが入っていた。

P1010480.jpg


次のクヌギは捲れが全て剥がされカラカラで今年は樹液を出していない。
移動をかけて次に向かったのは昨年採取した若い植林されたクヌギ。

P1010511.jpg

昨年同様樹液量は半端でなかったがクワの姿は無くカナブンの貸切状態だった。

P1010496.jpg


昨年出ていなかった近くのクヌギも大量に樹液を出しているがカナブンばっかりである。
こんなクヌギが4本もあった。
最後に向かったクヌギは実績はないがここには絶対入ると確信しているクヌギだ。

P1010517.jpg


コクワがとぼとぼ歩き洞にコクワそしてノコが入っていた。

P1010518.jpg


裏に回るとカブトの♀がそして捲れにはコクワが。
ここは離れているせいかあまり人がこないようだ。捲れも剥がされずに残っているのはここくらいなのでずっとこのままであってほしい。

P1010515.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oomiyakabukuwa.blog68.fc2.com/tb.php/8-8c0019b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。